家は狭かれ心は広かれ

家は小さくとも、心は広く大きく持て、ということ。

 どんなに大きな家に住んでいようと、人一人が占める場所は、起きているときは半畳、寝るときは一畳あれば充分足りることから「起きて半畳、寝て一畳」とか「起きて三尺、寝て六尺」のことわざがあります。  後に「天下取っても二合半」と続けていうこともあります。たとえ出世して天下を取った人間でも、一食に二合半ほどの米を食べるのが精一杯であることからの戒めです。


Featured Posts
Recent Posts