朽ち木は柱にならぬ

 心根の腐った者に、重要な物事はまかせられないことのたとえで、「腐れ木は柱とならず」ともいいます。

 また、にたことわざに「朽木は雕るべからず 」がありますが、朽ちた木には彫刻できない意味からで、口先だけの怠け者は叱ってみても直らないということ。「雕る」は彫刻することで、孔子が昼寝していた門人の宰予を批判したとの故事によるとか。

#text

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square