大工『三種の神器』

墨壺・墨差し、指矩(さしがね)、手斧(ちょうな)の三つの道具は、あわせて大工の三種の神器といわれます。写真にある大工飾りは『水』の字をイメージしていて、建物において一番大事な水平、水準を司る道具への畏敬の念を表したものです。


Featured Posts
Recent Posts