鞘鳴り

「鞘鳴り」とは刀身に比して鞘が大き過ぎると音がすることをいったもので、分不相応に大きく広い家は具合が悪いことのたとえ。ひいては、大きな家というのは実用にならず、かえってむだが多いことのたとえ。

 無駄に広い家を皮肉っったことわざです。

広告


Featured Posts
Recent Posts